アドセンスで1円って何?クリックの有無に関わらず1円はあり得る

ブログ運営

ブログ歴5か月目のtsenです。

5カ月目の収益報告でも書きましたが、ブログ5か月目にしてようやく

アドセンス収益がが毎日1円以上必ず上がるようになってきましました。

tsen
tsen

それまで、ほぼ毎日が0円地獄だったので、1円でもめちゃくちゃうれしい!

ところで、この1円の正体ってなんなのでしょうか?

うっかりしていると、広告停止に陥ることもあるので、実は注意が必要です。

今回は、アドセンス1円の謎に迫りたいと思います。

・アドセンスで1円って出ているけど、理由が知りたい
・クリックされていないのに1円ってどういうこと?
・1円って初収益だと思って喜んでもいいの?

といった、アドセンスで収益が出始めたばかりの方に、是非読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

アドセンスで「1円」の正体

1円

そもそも、アドセンス収益には大きく分けて2パターンの収益があります。

1つはクリックによる収益、もう1つはインプレッション収益です。

アドセンス収益2パターン

クリック収益=クリックされたら発生する収益の事
インプレッション収益=広告が表示されたたけで発生する収益の事

Aさん
Aさん

え!アドセンスって、クリックされていなくても、収益って発生するんですか??

tsen
tsen

そうなんです!アドセンスはクリックされなくても、
ブラウザに広告が表示されるだけでも収益が発生する素晴らしい仕組みがあるんですよ!

ちなみに、
自分のインプレッション単価がどのくらいなのかは、アドセンスレポートを見ると分かります!

アドセンスレポート
アドセンスレポート画面

※スマホなどの画面の小さい端末で見ると、

両方とも「プレッション収益」としか表示されていない場合がありますので広げてみてみてください。

このうち、右側(赤枠)がインプレッション収益

広告が1,000回表示されたらもらえる収入(広告の表示回数に対する見積額)です。

そして、左側(青枠)がページのインプレッション収益

1,000ページ表示されたらもらえる収入(PV数に対する見積額)です。

tsen
tsen

アドセンスは、ページによっても貼っている広告数が違うので、

1,000ページ表示されたらだいたいこのくらいもらえるよ!

というのがページのインプレッションということね!

よって、

アドセンスで1円という収益についても

クリック収益かインプレッション収益のどちらかが発生しているという事になります。

スポンサーリンク

クリックされて1円発生パターン

1円

まず、クリックされて1円発生しているというパターンです。

クリックパターンにもさらに2種類の可能性があります。

・本当に1クリック1円発生という広告だった

・無効なクリックだった


まず、本当に1クリック1円という広告も存在はするようなので、あり得ない話ではありません。

しかし、通常アドセンスクリックの平均単価は30円程度と言われていますので、可能性は低いです。

対して無効なクリックというのは、
自己クリック・ミスクリック・不正クリックのことです。

この無効クリックが発生している場合は、最悪の場合、広告停止されてしまうので注意が必要です。

自己クリックとは、自分で自分のブログの広告をクリックしてしまうことです。

これは、重大なポリシー違反になりますので、絶対にやめましょう。

ミスクリックとは、本当はクリックするつもりではなかったのに、間違って押してしまい

広告先が表示される前にすぐに閉じられてしまったような場合のことです。

これも、閲覧ユーザーが間違えて押してしまうような場所に広告が貼っているという事なので

マイナス評価を受ける可能性があります。

不正クリックとは、いわゆるアドセンス狩りと言われるもので、

不正に何度も広告をクリックされてしまう場合のことです。

これらの無効クリックが行われた場合に、1円という表示になってしまう場合があるようです。

スポンサーリンク

表示されただけで1円発生パターン

次に、インプレッション収益によって1円が発生しているパターンです。

これにも実は2種類の可能性があります。

・1表示1円ですよという種類の広告がたまたま表示された

・インプレッション収益によって1円分の広告が表示された


まず1つは、「1回表示されたら1円ですよ」という種類の広告が表示されていた場合です。

このような広告の種類もないわけではありません。

そしてインプレッション収益は、上記で説明した通り広告の表示回数によって発生する収益なので

例えば1,000回表示で100円のインプレッションだとすると、

広告が10回表示されたので1円もらえた!という事です。

1円が表示されたらクリック数を確認しよう

これまで見てきた通り、アドセンスで1円発生する場合には以下のパターンがあります。

1円発生要因

・1クリック1円発生という広告だった
・無効クリックだった
・1表示1円発生という広告だった
・インプレッション収益が入った

ここでの注意すべきは、

無効クリックによる1円発生なのかどうかを確認することです。

無効クリックが続くと、広告停止に陥る場合もあるので、ブログ運営には致命傷になります。


確認方法は、アドセンスのレポート画面に「クリック数」を確認してみてください。

仮にアドセンス狩りという嫌がらせの場合は、

クリック数が無駄に連打されていると思いますのですぐに分かると思います。

その場合はアドセンスヘルプセンター「無効なクリックの連絡フォーム」からすぐに報告しましょう。

アドセンス狩りではなく、クリックされていて1円という場合は、

Googleにミスクリックだと判定されてしまっている可能性があります。

無効なクリック操作とは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増加させる可能性のあるクリックやインプレッションのことです。無効な操作には、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。

グーグルアドセンスヘルプより引用

ミスクリック判定が続くと、ページの評価が下がりクリック単価も下がってしまいます。

ミスクリックを誘導するような箇所がないかを確認しましょう。

1円は立派な収益!自信をつけて収益をあげよう

無効なクリックによる収益ではない場合、1円も立派な収益という事になります。

1円という金額は本当に小さな利益に思うかもしれません。

しかし、0円から1円にすることができたのです。

よく、「0から1にすることが一番大変」とは言われますよね。

0から1を生み出すと言うことは、簡単なことではありません。

それを実現できたことに、是非自信を持っていきましょう。

そして、0から1が出来る人は、1から10にも、きっとできると思います。

ブログ運営を継続し、1から10へ、10から100へと

どんどん収益を伸ばしていきましょう!

アドセンスで1円の謎まとめ

今回は、アドセンスで1円って何?クリックの有無に関わらず1円はあり得るというテーマで

1円の謎について解説してきました。

1円でもれっきとした収益です。

自分の力だけで稼ぐことができた1円って、

会社員として給料でもらえる1円とは意味合いが違いますよね。

ブログ初心者の方にとっては、この最初の1円が出るかどうかが

大きな分岐点になってくると思います。

こちらのブログ成功率は5%未満!という記事の中でも紹介したのですが

ブログを運営している人のうち、約31.6%は「収入なし」と回答しています。

1円発生することが出来たという事は、上位7割に入れたということですから

是非自信をもっていきたいですね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました