csvの0落ち注意!エクセルでcsvを開く時に0落ちしない方法

仕事効率化

システムからダウンロードしてきたcsvファイルを編集したい時などに

csvをExcelで開いてしまうと、0落ちするという現象が発生すると思います。

Aさん
Aさん

csvファイルの中身を少し書き換えてまたcsvデータにしたものをシステムにアップロードしようとしたら、編集時にcsvデータが0落ちしていて、うまくシステムに反映できないってことがよくあります・・

今回は、そんな方のために、
csvデータをExcelで編集する時に、0落ちを防ぐための方法を紹介していきますので
是非活用してみてください。

この記事を読むと参考になる人

・csvデータをExcelで加工編集する作業をしている人
・csvデータをエクセルで開いた瞬間に0落ちする現象に困っている人
・csvの内容を編集してまたcsvファイルで保存したい人

スポンサーリンク

csvの0落ち注意!エクセルでcsvを編集して0落ちせず保存する方法

例えば、こんなcsvデータがあるとします。

0001,Aさん,03-1111-1111,A部署,A部長
0002,Bさん,03-2222-1111,B部署,B部長
0003,Cさん,03-3333-1111,B部署,B部長
0004,Dさん,03-4444-1111,C部署,C部長

これをExcelで開いちゃうとこうなっちゃうわけです。

0落ちした状態
0落ちした状態

A列にある「0001」という部分の0が0落ちしてしまっていますね。

この0落ちが起こってしまう原因は、

csvをエクセルで開くと、数字情報は全て「数値」として扱ってしまうからなんです。

そもそも、csvは値をカンマ(,)で 区切って書いているテキストデータなので

テキストエディタで開けば0落ちしません。

メモ帳でも0落ちせずに開くことができます。

メモ帳でも全然いいですが、メモ帳だと改行がうまく見える化されないので

出来ればTeraPadなどのテキストエディターで開くことをお勧めします。

tsen
tsen

Terapadなどのテキストエディタを使うと
検索機能や、行数カウント機能、色で識別など
色々と便利な機能がついているので、
せっかくならテキストエディタを使用したほうが便利ですよ!
記事末尾にTerapadのダウンロード方法も載せておきますね!

なので0落ちしないためには
結論、メモ帳やテキストエディタで開いて編集すればいいんですが、

加工編集をどうしてもエクセルで行いたい!という場合も多いと思います。

そこで今回は、csvを0落ちせずにエクセルで開いて編集する方法をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

方法①メモ帳で開いて文字列でエクセルに張り付ける

まずcsvをメモ帳などのテキストエディターで開き、全選択コピーして新規エクセルに貼り付けます。

貼りつけた図

貼りつけるとこんな感じで、
A列にカンマ区切りのテキストがすべて入っていると思います。

これをカンマで区切っていきますが、ポイントは文字列指定する事です。

データ>区切り位置>カンマやタブなどの区切り文字>カンマにチェックデータのプレビュー部分を全選択>文字列で完了です。

操作画面

注意点としては、データのプレビュー部分を全選択してから文字列を押すこと!

文字列を先に選択してからデータのプレビュー部分を全選択すると、

文字列のチェックが外れてしまいますので注意が必要です。

完成図

こんなデータが出来れいれば問題ありません。

この状態で色々と中身を編集していきます。

例えばCさんとDさんの番号を書き換えましょう。

データの書き換え

そして、csv形式で保存しましょう。

こんなデータが仕上がってれば問題ありません。

スポンサーリンク

方法②データ取り込み時に列の書式をテキスト形式にする

まず、新規エクセルを立ち上げ、
データ>外部データの取り込み>テキストファイルをクリックしてcsvファイルをインポートします。

csvをインポート
csvをインポート

データの変換を押して(※読み込みはNG)、PowerQueryを立ち上げます。

PowerQueryを立ち上げ
PowerQueryを立ち上げ

そして、全ての列を指定(Shiftキー+最終列)し、データ型のプルダウンからテキストを選択します。

「現在のものを置換」を選択し、閉じて読み込みます。

0落ちしていないデータ
0落ちしていないデータ

あとは、内容を編集して、方法①と同じようにcsv形式保存すればOKです。

tsen
tsen

方法①②どちらの方法でもいいですが、
個人的には①の方法がおススメです。

スポンサーリンク

もし0落ちしてしまったら?0の復活方法

本来は0落ちしない状態でエクセルで開くのがいいのですが、

うっかり0落ちしてしまった場合の復活方法についても解説します。

Excelのセルの書式設定>ユーザー定義>000000を入力し、まずは必要な桁数で表示させる

ユーザー定義で0を表示させる
ユーザー定義で0を表示させる

でも、これだと、Excelの見かけ上0がついているだけで、
本当のデータが12345のままになっていますので(赤枠部分が0落ちしたままになっている)
B3セルをコピーし、メモ帳に貼りつけます。

さらに、Excelのセルの書式設定>文字列にしてから、
メモ帳に貼りつけておいた、012345をエクセルに貼りつける
という作業をします。

0が復活している
0が復活している

そうすると、セルに緑の▲マークがついた状態になり、

実際のデータ(赤枠部分)もきちんと012345になって0落ちが復活できます。

tsen
tsen

この方法でも復活できますが、もっと簡単に1秒で復活できる方法もありますよ!
詳しくは、こちらの記事「Excelで0を表示させたい!メモ帳使ってる人必見!1秒で出来る方法」もあわせて読んでみてくださいね。

テキストエディタTeraPadの使い方

最後に、テキストエディタののダウンロードの仕方も解説しておきます。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/terapad/

にアクセスをしてダウンロードをクリックしてください。

ダウンロード画面
ダウンロード画面

紛らわしい広告が色々出てきますが、何も押さなくてOKです。

このような「ダウンロードしています」という表示が出ていればOKです。

ダウンロード中の画面
ダウンロード中の画面

「tpad109.exe」というファイルがダウンロードされていると思いますので

ダブルクリックしてください。

このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?と

聞かれると思いますので、「はい」をクリックしてください。

そうすると自動的にソフトのインストールが始まります。

インストール画面
インストール画面

次へを押していくと、「ファイルのコピー先フォルダ」を指定する場所が出てきます。

変更する必要はありませんが、
コピー先フォルダがどこになのかを覚えておきましょう。

インストール画面2
インストール画面2

これでインストールは完了です。

インストールするだけでも、使用すること自体は出来ますが

csvは、Windows10だと初期設定ではエクセルで開くようになってしまっているので

この初期設定自体を変えておきましょう

任意の「csvファイル(.csv)」を右クリックし
プログラムから開く→別のプログラムを選択その他のアプリ
常にこのアプリを使ってファイルを開くにチェックを入れる→
このPCで別のアプリを探す先ほど保存したフォルダ内のTerapad.exeを選択します。

Terapadを設定する

これで、今後csvファイルは毎回Terapadで開いてくれるようになります。

エクセルでcsvを開く時に0落ちしない方法まとめ

今回はエクセルでcsvを開く時に0落ちしない方法を2つ紹介するとともに、

テキストエディタの設定方法についてもまとめてきました。

TeraPadでなくてもテキストエディタであれば何でもいいと思いますが

csvデータをいきなりエクセルで開いて0落ちしてしまうということはないようにしましょう!

tsen
tsen

ここまで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました