Excel独自ショートカットキーの設定方法

仕事効率化

ショートカットを使いこなす者はExcelを制すといっても過言ではないくらい

ショートカットは業務効率を大きく向上させることが出来るものです。

もし、マウスでちまちま操作をしているのであれば

1つずつでもいいのでショートカットを使えるようになると

違う世界が見えてきたりします。

Aさん
Aさん

ショートカットが大事なことはわかっているんだけど、似たようなものがおおくて覚えられないんだよな~・・・(汗)

tsen
tsen

そんなあなたには独自ショートカットキーの設定がおススメですよ。
私もデフォルトのショートカットキーは覚えられないので(笑)
全て「Alt+数字」で統一していますよ!

スポンサーリンク

Excel独自ショートカットキーの設定方法

今回は、値貼り付けするという作業を例に

ショートカットキーを割り当ててみましょう。

ちなみに、値貼り付けのショートカットはデフォルトでもあります。

元の文字をコピーし、コピー先のセルにカーソルを合わせてから

「Ctrl+Alt+V → V → Enter」と押すと値貼り付けされます。

しかし、少し操作が多いので、「Alt+4」で値貼り付けできるようにしてみます。

ホーム>オプション>クイックアクセスツールバーを開きます。

リボンにないコマンドから、

自分が使いたいコマンドを選択し追加します。

こんな感じで、

追加されていると思います。

この状態で「Altキー」を押してみてください。

すると、

「値貼り付け」に4という数字が表示されていると思います。

これは、ショートカットキーが

「Alt + 4」で割り当てられているということです。

これで、設定は完了です。

tsen
tsen

では、実際に試してみましょう。

スポンサーリンク

独自ショートカットキーを実行する

エクセルを新しく立ち上げ、

適当に数字を入れてみてください。

これをC2~C4セルに値貼りつけてみます。

・元の値を選択し、コピー(Ctr+C)
・C2セルにカーソルを移動
・Altキー+4を押す

どうですか?

うまく貼りつけられたと思います。

スポンサーリンク

Excel独自ショートカットキーの設定方法②

先ほどは、オプションから設定しましたが、

右クリック>クイックツールバーに追加でも簡単に設定できます。

今度はオートフィルタを例にしてみます。

ちなみにオートフィルタも最初からショートカットキーがあり

Alt→A→T→2もしくはCtrl+Shift+Lで出来ます。

こちらも「Alt+5」でできるようにしてしまいましょう。

オートフィルタを右クリックし、クイックアクセスツールバーに追加を押します。

オートフィルタ
オートフィルタをクイックアクセスツールバーに追加

先ほどの、値貼り付けの隣に追加されていると思います。

このままAltキーを押してみましょう。

ショートカット
ショートカットが割り当てられている

今度は「5」が割り当てられていますね。

これで、設定は完了です。

「Alt+5」を押すだけでオートフィルタがかかるようになります。

スポンサーリンク

独自ショートカットキーの設定まとめ

今回は、独自ショートカットキーの設定方法について解説しました。

エクセルにはデフォルトで既に多くのショートカットキーがありますが

全部覚えるのは不可能だし、似たようなショートカットだとややこしいですが

ショートカットは全て「Alt+数字」と統一してしまえば、

迷うこともないし、クイックアクセスツールバーにアイコンが出ているので

ショートカットキーを忘れてしまうってこともないですよね!

業務効率改善の第一歩として、

まずはショートカットキーを使いこなすところから

始めてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました