動画編集のやり方を学んで月5万円の副収入を得る方法

その他

今、最も旬な副業といえば、動画編集ではないでしょうか?

YouTuberが続々と登場し、動画編集の需要は右肩上がりの成長市場です。

動画編集は超短期的な勉強でもスキルを身に着けることができる初心者にはおすすめな副業です。

動画編集は簡単というけれど、いざやってみようと思うと

1人では動画編集のやり方がよく分からない・・。

動画編集のスキルを活かして収益につなげるやり方が分からない・・。

という方は多いと思います。

そこで今回は、

動画編集のやり方を学んで月5万円の副収入を得る方法

というテーマでまとめていきたいと思います。

副業で動画編集を始めてみたいけどやり方がわからない
動画編集スキルを身に着けたい
動画編集のやり方を教えてほしい

といった、これから動画編集を副業を始めてみたいという方の参考になればと思います。

tsen
tsen

私は、動画編集は7年前に結婚式用の動画を作成したのがきっかけで、その後、ライブ映像の編集を中心に動画作成をしてきました。
現在は、そのスキルを活かし、本業の業務でも研修動画の作成や、動画の発表資料等を実施し、これまでに多くの動画作成をしています。

スポンサーリンク

基本的な動画編集のやり方4ステップ

動画編集の基本的は、4ステップのみです。

1.動画素材を準備し順番に並べる
2.不要部分をカットして1本の動画につなげる
3.テロップを入れる
4.効果音の挿入と音量調整

この4ステップを実施するだけで十分立派な動画を作成することが出来ます。

動画編集を副業として受注する場合、クライアントから動画素材を頂ける場合も多いので

実質は2からの作業になります。

動画素材をすべて把握したうえで、最終的にどのような構成にするかをイメージしながら

不要部分をカットして1本につなげていきます。

例えば、同じ場面であっても1カメ、2カメ、3カメと3種類の素材があれば

それを効果的に見せるために、どのようなカット割りにするか構成を考えるという事です。

動画が繋がったら、そのあとテロップを入れていきますが、この「テロップ入れ」が一番大変な作業になります。

テロップとは、動画の下部などに出てくる文字のことです。

特にYouTubeではテロップを効果的に入れて編集されているものが多いので、
テロップ入れは必須スキルになりますが、作業自体は決して難しくありません。

音声の内容をそのまま文字に起こすだけですから。

テロップを入れが終了すれば、あとは音響を調整して終了です。

つまり、動画編集をするにあたっては
・動画のカットのやり方
・テロップの入れ方
・効果音の入れ方
さえわかれば、とりあえず出来てしまいます!

tsen
tsen

3つのやり方を抑えるだけでいいんです!それなら難しくなさそうですよね^^

スポンサーリンク

動画編集の3つのやり方を学ぶ方法

動画編集のやり方を学ぶ方法には主に3種類あります。

①YouTubeの無料動画で学ぶ
解説本などで学ぶ
③オンライン講座で学ぶ


ひとつづつ具体的な学び方とメリット・デメリットを紹介していきます。

YouTubeの無料動画で学ぶ

まず、YouTubeの無料動画で学ぶ方法です。

具体的にはかふたろうさんの動画編集講座がおススメです。

【超初心者向け】Premiere ProでYouTube動画の編集公開【元動画も無料配布】

かふたろうさんは、現在は専業の動画クリエイターさんですが、
元々は会社員の副業からスタートされています。

多くのYouTuberが使用しているPremiere Proという動画編集ソフトの使い方を
分かりやすく説明してくれていて非常に参考になります。

YouTubeの無料動画で学ぶメリットはなんといっても無料であるという点です。

しかし、デメリットとして、体系的に1から学びたいという初心者の人には向かない場合があります。

というのも、YouTube動画だと1つ1つのテクニックを部分的に解説するものも多く

初学者はテクニックを学ぶより、まずは基本的な操作のやり方を体系的に学ぶことが重要だからです。

※かふたろうさんの動画は動画編集の基礎コースという
Premiere Proを使ってYouTubeの動画編集に必要な基礎知識学べる講座を作ってくれているので、
比較的学びやすいです。

動画編集の解説本で学ぶ

2つ目の方法として、動画編集の解説本で学ぶという方法があります。

どんな本でもいいので1冊あれば、基本的な操作のやり方を体系的に学ぶことができます。

今は、YouTube動画に特化した解説本もたくさん出版されていて、金額もたいして高くありません。


解説本のメリットは、初心者が基礎を体系的に学べる点ですが、

デメリットとしては、静止画であることです。

動画編集なので、実際にソフトを動かしてみなければいけませんが

本を読みながら実際にソフトを動かしてみて・・となると少し手間がかかります。

また、自分でしっかりと勉強計画を立てて読み進めていける人であればいいのですが

本を買っただけで満足してしまうタイプの人(←私です)には向きません。

オンライン講座で学ぶ

3つ目の方法は、オンライン講座でやり方を学ぶ方法です。

オンライン講座で学ぶメリットは、動画編集のやり方を体系的に学ぶことができることと
なんといっても「やり方が分からないときに質問できる環境にあること」です。

これまで紹介したYouTube動画・解説本では一方的なインプットになるので、
やり方が分からないときに質問することができません。

また、オンライン講座によっては、
講座終了後に動画編集の仕事の案件を斡旋してくれるという大きなメリットがあります。

というのも、動画編集のスキルを身に着けた後に、実際に副業で仕事を取ってこようと思っても

最初は実績が何もありませんので、なかなか案件を獲得することが出来ません。

案件を獲得できなければ、せっかくスキルを身に着けても副業として成り立ちません。

動画編集の仕事の案件を斡旋してもらい、少しでも案件実績を積むことさえできれば
その実績をポートフォリオ(自分の作品集)にすることで、次の仕事を自分でもとることが出来ます。

スポンサーリンク

おススメな動画編集オンライン講座

動画編集のオンライン講座は数多くありますが、その中でもおススメな3つの講座を紹介します。

スキルハックスの動画版「Moviehacks」

SkillHacks(スキルハックス)

では、プログラミングスキル・デザインスキル・ライティングスキル・SNSマネタイズ等
個の力で生きていくために必要なスキルがバラエティ豊かに取り揃えていて、

その中の1つに、YouTubeに特化した動画編集講座「Moviehacks」があります。

この、Moviehacksでは、カット・テロップ・BGMといった基本操作以外にも、

画像挿入・色調補正・サムネイル作成・アニメーションといった、
YouTube動画作成に必要なスキルをすべて学ぶことが出来ます。

また、講師である現役動画クリエイターにLINEで質問し放題なのがポイントです。

また、受講後の仕事の斡旋もしてくれるので学んだだけで終わり!というわけではなく、

卒業生限定の動画編集のお仕事案内所が開設されていて、
案件が来た際には優先的に案内をしてくれます。

料金は69,800円と少し値段は張りますが、アニメーションなどの高度な技術も教えてもらえるので

仕事を始めるときに、他の動画編集者との差別化ができ、高単価な案件を獲得することが出来ます。

また、受講後の仕事の斡旋もしてくれるので、そこで受講料金分は賄えると思います。

副業の学校「動画クリエイター講座」でやり方を学ぶ

そうはいっても、7万円はちょっとハードルが高い・・もう少しライトに、
基礎的な動画編集方法を学んでみたい!という方には

初心者から最短でスキルを習得【副業の学校 動画クリエイター講座】

がおすすめです。

動画編集の基礎知識・操作、カット、テロップ、音声編集、装飾、BGM・効果音など

基本スキルを、たった14,800円で学ぶことが出来ます。

この価格帯であればブログのサーバー代と大差ありません。

ブログは書いても書いても収益につながらないことが多いですが、

動画編集は、作業したら作業した分だけ収益になります。

そして最初にも書きましたが、カット、テロップ・音響の3つのやり方さえわかれば、動画編集は可能です。

この副業の学校では、その基本スキルのみに特化したことで、低価格を実現しています。

また、講座内での質問は、専用の掲示板を使用して質問し放題なので、分からないことがあってもすぐに解決することが出来ます。

初心者にとっては、この質問できる環境というのがとても大事になってきます。

本気でフリーランスを目指すならクリエイターズジャパン

本気で動画編集でフリーランスを目指したい方には

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!【クリエイターズジャパン】

がおすすめです。

レッスンは1日1時間なので、忙しいサラリーマンでも隙間時間に勉強することが出来ます。

クリエイタージャパンの講座の特徴は、動画編集でフリーランスになるまでのマネタイズの方法までを支援している点にあります。

案件の取り方、単価UPの方法、5年後も継続して仕事を取り続けるための仕事術、案件を取るための営業メールの添削までといったフリーランスとして、自立していくことも視野に講座が展開されています。

79,800円という金額を高いとみるか安いとみるかですが、正直安いと思います。

その理由は、実際に動画編集で月5万稼ぐ方法という章でお話しします。

スポンサーリンク

動画編集で月5万円の副収入を得る方法

動画編集のスキルを身に付けたら、実際に案件をとっていかなくては収入につながりません。

最初は、クラウドソーシングサービスでの案件受注になると思います。

クラウドソーシングサービスとは、
ランサーズやクラウドワークス、ココナラといったサービスのことで、
動画編集を頼みたい人と、動画編集をしたい人をつなぐマッチングサービスです。

実際に動画編集の案件としては、以下のようなものがあります。

動画編集の案件
動画編集の案件

YouTube動画の編集だとだいたい1本5,000円くらいです。

例えば、副業として週に2本だけ作成するとしましょう。

7日間で2本だけ作成すればよいので、忙しいサラリーマンでもかなり現実的なラインだと思います。

それだけで月4万円の収入ということになります。

もし、そのうち1つでも1万円の案件があればあっという間に5万円の収入になります。

tsen
tsen

動画編集で月5万って意外と簡単だと思いませんか?

とはいっても、最初はそんな順調に仕事を貰えるわけではありませんので

初月5万円は正直難しいと思います。

先ほども書きましたが、全く実績のない状態で最初の1本目の依頼を獲得することが難しいからです。

依頼側としては、同じ金額だったら、既に実績のある人に依頼をしたいのは当然です。

最初の1本目の仕事を獲得するには、

めちゃくちゃ低単価で仕事を受けるか、仕事を斡旋してもらうかしか方法がありません。

どちらもいいのですが、月に5万稼ぐことが実現することが出来るのであれば、

SkillHacks(スキルハックス)

や、

最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!【クリエイターズジャパン】

で、スキルを身につけつつ、仕事を斡旋してもらってもいいような気もします。

月5万という数字が現実的なのであれば、受講料はすぐに取り返せるという事になりますからね。

動画編集のやり方を学んで月5万円の副収入を得る方法

今回は、動画編集のやり方を学んで月5万円の副収入を得る方法についてまとめてきました。

個人的におすすめのやり方としては、YouTube動画でまずは無料で勉強してみて

もっとしっかり学んでみたい!と思ったらオンライン講座にしてみるというのがいいんじゃないかなと思います。

ただし、YouTube動画だと無料なので、「絶対にスキルを身に着けてやろう!」という

モチベーションが上がらないという方もいるかもしれません。

講座を申し込んだりして、費用をかけると、その分稼いでやろう!!という気になれるという方は

最初からオンラインスクールでもいいと思いますし、副業としてしっかり仕事を取りたいという方は、オンライン講座がいいかなと思います。

今は、コロナの影響もあり、会社員の仕事でも動画を使った業務が増えてきていて

身に着けたスキルは本業でも活かすこともできますので、動画編集のやり方を身につけておいて損はありません。

これから、動画編集で副業を始めてみたいという方の参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました