カフェオレとカフェラテの違い!カフェラテを出しているお店はここ

その他

皆さん、カフェオレとカフェラテの違いを正確に説明できますか?

毎日毎朝カフェラテを飲んでいる私ですが、説明できませんでした(笑)

そこで今回は、カフェオレとカフェラテの違いについてあたらめて調べてみるとともに

カフェオレを出しているお店とカフェラテを出しているお店の違いについても調べてみました。

スポンサーリンク

カフェオレとカフェラテの違いはコーヒーの種類が違う!

カフェオレはフランス語、カフェラテはイタリア語で

どちらも「コーヒー入りミルク」という意味ですが、

使用するコーヒーが違います。

カフェオレは普通のドリップコーヒーにミルクを入れますが、

カフェラテはエスプレッソコーヒーにミルクを入れます。


そのため、カフェオレは、ドリップコーヒーなので味がマイルドですが

カフェラテの方がエスプレッソの濃い味がして、コクがあります。

カフェオレとカフェラテの違いはミルクの量が違う!

カフェオレとカフェラテの違いは、一般的には、ミルクの量も違います。

カフェオレの場合は通常コーヒー50%:ミルク50%

カフェラテの場合はコーヒー20%:ミルク80%

で、カフェラテのほうがミルクがたっぷり入ってるのが違いです。

カフェオレとカフェラテを出しているお店の違いを調べてみた

最後にカフェオレとカフェラテを出しているお店の違いについても調べてみました。

・スターバックスはカフェラテ

・タリーズコーヒーはカフェラテ

・サンマルクカフェはカフェラテ

・ドトールはカフェラテ(一部の店舗ではカフェオレ)

・ベローチェはカフェラテ

・コンビニはカフェラテ

・エクセルシオールカフェはカフェラテ

・ミスドはカフェオレ

・コメダ珈琲はカフェオレ

・上島珈琲はミルクコーヒーと書いてあるけどドリップコーヒーに入れているので多分カフェオレ

・ルノアールはカフェオレ

お店によってさまざまですが、有名なコーヒーチェーンは

カフェラテを出していることが多いことが分かりました!

tsen
tsen

私もカフェラテのほうが好きです!

カフェオレとカフェラテの違いまとめ

今回は、カフェオレとカフェラテの違いを改めて知ることが出来ました。

まとめると、

・コーヒーの種類の違い
カフェオレはドリップコーヒー・カフェラテはエスプレッソコーヒー
・ミルクの量の違い
カフェオレの場合はミルク50%・カフェラテはミルク80%


毎日毎朝カフェラテを飲んでいるくせに、自分がどちらを飲んでいるのかすら

よく分かっていませんでしたが、今後はエスプレッソを飲んでいるんだな~と

味わって飲みたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました