プログラミング初心者がWeb制作で100万稼いだ方法

web制作副業

こんにちは、管理人のtsenです。

私は文系出身でこれまでITスキルやプログラミングを学んだことはありません。

しかし、初心者からweb制作の副業をはじめ、これまでに80サイト以上を作成し

その収入は、100万円を超えるまでになりました。

こちらが実際に稼いだ金額です。(2020年9月時点)

実際の売り上げ画面


今月は月に10万円ほど。累計では100万円を超えるまでになりました。

おそらく、この数字をみた多くの人が

あなた
あなた

100万円なんて・・自分には無理・・
本当は何か特別なスキルがあったんでしょ?

と疑いたくなると思います。

昔の私なら間違いなく疑っています(笑)

でも、本当に知識0の状態から、ここまで来ることが出来たんです。

そこでこの記事では

プログラミング未経験で、知識もスキルも全くなかった私が
どのようにしてweb制作で100万円まで稼ぐことができたのか。


実際の経験談に基づいたお話と
具体的に稼ぐ方法についても詳細にお伝えします。

ぶっちゃけやればだれでも出来ると思っています。

この記事はこんな人の役に立ちます

プログラミングの知識はないけど、プログラミングで稼ぐ方法が知りたい
知識ゼロだけどweb制作副業で稼ぎたい
これからプログラミングを勉強してみたい
実際に稼いでいる人の話を聞いてみたい

スポンサーリンク

プログラミング初心者がweb制作で稼ぐ具体的な方法

全くの初心者がweb制作で稼ぐには3つの方法があります。

1つ1つ説明します。

web制作で稼ぐ方法①web作成ツールで稼ぐ(知識ゼロでもOK)

今の時代、

htmlやcssといったプログラミングを勉強しなくても

WEBサイトが誰でも簡単に作れるツールが実はたくさんあります。

このWEB作成ツールを使って稼ぐ方法です。

代表的なものですとWIXやJimdoなどがあります。

具体的なツールについては、別の記事でまとめていますので

そちらを参照してください。

WEBサイト作成ツールを使って稼げるのか?

WEBサイト作成ツールを使えば実は

誰でも簡単にホームページを作ることができてしまいます。

だとすると、もしかしたらこんな疑問がわいてくるかもしれません。

「自分で作れるのだからわざわざWEBサイト作成依頼をしないのでは?」

「WEBサイトツールを使ったサイト作成では実際は稼げないのでは?」

では実際に、クラウドソーシングサービスの依頼案件を見てみましょう。

これは、クラウドソーシングサービス「ランサーズ」での募集案件ですが

WIXでのサイト作成を依頼する人が結構いることが分かります。

<br>あなた

あなた

「簡単に作れるんだから、自分で作ればいいじゃない。なぜ依頼するの?」

tsen
tsen

それすらも面倒だからお金を払ってでも外部にお任せしたいという人は結構いるんですよ


例えば、あなたが店舗運営をしている店長だったら、

お店の経営のために、ホームページ作成以外にもやらなくてはいけないことが

たくさんあります。


そんな中、ホームページ作成に時間を取られている余裕はないので

発注してしまおう!という事です。

また、単純にホームページ作成というだけでードル高く感じてしまい、

最初から外注するクライアントもいます。

なのでWEBサイト作成ツールを使ってホームページを作っても全然稼ぐことが出来るのです。

web制作で稼ぐ方法②ワードプレスを使う

2つ目の方法は

ワードプレスを使ってWEBサイトを作成する方法です。

このブログも、ワードプレスを使って作成していますが、

ワードプレスも言ってしまえばWIXなどと同じWEB作成ツールです。

ただし、このブログでは、

ワードプレスを使って稼ぐ方法はあまりお勧めはしていません。

その理由は二つあります。

ワードプレスをお勧めしない理由

理由の1つ目は

WIX・ジンドゥー(Jimdo)・グーペなどのツールより難しいからです。

ワードプレスは比較的簡単とは言われていますが

全くの初心者が手を付けるには少し難しく感じると思います。

私自身、これまで80サイトもWEBサイトを作成してきて

それなりにhtmlの知識がありましたが、それでも最初設定などに苦戦しました。


そして、もう一つの理由は

ワードプレスは使える人が多すぎて競合多過で作成単価が安いからです。

ワードプレスは世界的にも圧倒的なシェアを誇るサービスで

使える人がめちゃくちゃたくさんいます。

個人ブログを運営している人は当然みんな使えますし

WEBエンジニアであれば当然使いこなせます。

逆にWEBエンジニアのレベルまでワードプレスを使いこなして極めていけば

そこまで出来る人が少ないのでいいと思いますが

初心者ができるレベルの範囲では、作成出来る人がたくさんいるので、

作成単価が非常に安いからです。

ですが、

ゆくゆくは自分のブログを立ち上げたいと思っている人

既にワードプレスが使える人

であれば、ワードプレスで稼ぐのも全然ありです。

web制作で稼ぐ方法③htmlテンプレートを使って稼ぐ方法

実は、これが実際に私が実践している方法です。

htmlテンプレートとは、
ホームページを構成しているHTMLやCSS、JavaScript、
使用されている画像などがすべて梱包されている
ファイル一式


のことです。

htmlテンプレートは有料のものもありますが

無料のものでもすごくいいデザインが数多く

さらには商用利用が可能なものも提供されています。

htmlを使ってWEBサイトを作成するメリットは

作成できる競合他者は少ないけど意外と需要があること

です。

先ほども言いましたが、

ワードプレスが使えるという人は山のようにいますが

ワードプレスは使えてもhtmlは出来ないという人は意外と多いです。

(htmlがわからなくてもサイトが作れてしまうからワードプレスが人気なんですけどね。)

でも、ワードプレスが出てくるまでは、

ホームページはみなhtmlタグ打ちか、ホームページビルダーなんかで作られてきました。

なので、

これまでhtmlでサイトを管理運営してきた人がサイトのリニューアルをしたいと思った時に

リニューアルを機にワードプレスに移行する人もいますが

やっぱり親しみなれたhtmlで作成して欲しい!という需要

まだまだあります。

また、会社によっては、

ワードプレスがインストールできるサーバーをそもそも持っていないので

htmlで作ってほしいという会社も多くあります。

なので、需要はあるけれど作成できる人が少ないということです。

htmlとはサイトを作成するためのプログラミング言語ですので、

全くの知識ゼロでは稼ぐことが難しいですが

htmlテンプレートを使用すれば
難しいデザインやレイアウトはすでに組まれているので
サイト内の文章部分だけ書き換えれば比較的簡単にサイトが作れます。

では、ここから、実際に私がWEB製作で稼げるようになるまでの道のりを

具体的に書いてきます。

スポンサーリンク

プログラミング初心者がweb制作で100万円稼いだ体験談

私が稼げるようになった手順は4ステップです。

私がWEB製作で100万円稼いだ4ステップ

①自分orお友達のサイトを無料で1つ作ってみる
②格安でサイトを作成して練習する(スキルを磨く)
③クラウドソーシングサービスを利用してみる
④徐々に単価を上げていく

ひとつづつ詳しく説明していきます。

自分orお友達のサイトを無料で1つ作ってみる

当時、全くプログラミングの知識がなかった私ですが、

音楽活動にはまっており、バンドのホームページを作ろうということになりました。

当然知識がないので、色々とネットで調べて、HTMLテンプレートにたどり着きます。

この、バント活動のホームページを作成したことで

ホームページを作成するための最低限の操作と手順を覚えました。

このブログでも、ホームページを作成するための最低限の操作を解説しているので

参考にしてください。

ここで出来るようになったこと

htmlテンプレートをダウンロードして、自分のPCで編集し、
FTPを使ってサーバーへアップするという一連の流れが出来るようになった!

この時、
ホームページ作りが結構楽しかった私は、

同じように音楽活動をされている友人のホームページをいくつか作りました。

もし、特に自分のサイトで作るものがないという方は

友達・家族のホームページを作ってみてください。

ほぼ、無料に近い感じ(ご飯はおごってもらった)で作ってあげるので

相手にもすごく喜ばれますし、自分の練習にもなります!

ちなみに、ここの時点でホームページ作成作業が苦痛だと感じる人は

多分WEB製作やプログラミングに向いてないかもしれません。

いくつか作っていくと、作成の流れがだいぶわかってきますので

作るのもかなり早くなってきます。

最初はお金をもらわずに作ってみて、自分に向いているかどうか試してみましょう。

スポンサーリンク

格安でサイトを作成して練習する(スキルを磨く)

ホームページ作りが楽しかった私は、ここで初めて、

ホームページ作成を有料で募集してみます。

最初は、クラウドソーシングサービスではなく、

地元の掲示板みたいなところで、

ホームページ作成します!と宣伝して、依頼者を探しました。

まだ、自分のスキルに自信がなかった私は、

募集要項に

「趣味の延長で、ホームページ作りしています!専門家ではありません!」
「細かい要望がある場合はできません!」
「その代わりめちゃくちゃ安く作ります!」


と明確に書いていました。

この時は本当にめちゃくちゃ安くやっていて、

10ページ以上のサイトを5,000円とかで作ったりしていました。

ホームページ相場価格からいうと、本当にあり得ない価格です。

でも、これだけ先に書いておけば、それを了承したうえでそもそも依頼してくるので

自分のスキルに自信がなくても、心の余裕が持てます

でもだからと言って、

「できなくてもいいや~」と適当に作るのではなく

作業を請け負う以上、責任をもって出来ることは全力できっちりやりました。

ここで出来るようになった事

超格安だけど有料でホームページ作成をしてみてスキルを磨く
※自分のスペックを理解した上で依頼をしてもらってこと
※依頼されたら出来ることは精一杯やること

そうして、

精一杯ホームページ作りをしていると

「すごいよかった!」「ありがとう!」

と言われるようになり

そういった口コミが口コミを読んで

依頼がどんどん舞い込んでくるようになってきました。

ピーク時は10件くらいを一気に掛け持ちしていましたね;

さすがに、副業ではこの量は無理!となってきたので

このあたりで少しだけ単価を上げて8,000円とかにしました。
(それでも相場価格からはかけ離れた金額ですが(笑)

ひとつひとつを丁寧にこなしていったことで、依頼がたくさんくるようになり

自分の知識も少しだけレベルアップしました。

クラウドソーシングサービスを利用してみる

口コミだけでは、依頼数に限界があるので

この時点で既に10サイト以上作成していた私は、クラウドソーシングサービスに登録しました。

初心者の私でも登録できるクラウドソーシングサービスを探しました。

クライドソーシングサービルで有名なランサーズやクライドワークスに初めては登録しましたが

募集されている案件内容や、競合のエンジニアさんのスキルを見て

「これは、、、私のレベルでは到底無理だ・・」

と思うものばかりでした。

そこで、私は初心者でもできそうな

ココナラ

を選びました。

ココナラが初心者におススメな理由については

別の記事で詳しく書いているので、併せてご覧ください。

単価を徐々に上げていく

ココナラに登録したときも

まだめちゃくちゃ安い金額で募集を出していました。
(確か10,000円くらい。手数料引かれるとやっぱり8,000円くらい)

そうすると、

まためちゃくちゃたくさんの依頼をいただくわけです。

こうやって、たくさんの案件をこなしていくうちに

徐々に自分のスキルが上がっていきました。

依頼主に

「こんなことできない?」
「こういう風にしたいんだけど・・」


と言われるたびに

自分なりに精一杯調べてみたりして対応していくと

自分自身も

「こうやってやるのか!」みたいな感じで

どんどんスキルアップしていきました。

そして、口コミでも

このサービスで、この金額は安すぎる!

みたいな口コミも書かれるようになりました。

そこで、

自分のスキルアップとともに、少しづつ単価を上げていきました。


まずは、10,000円から15,000円にしてみる。

15,000円にしても「すごくいいサービスだった!」と言われる。

じゃあ次は20,000円にしてみる。

20,000円にしてもみんな満足してくれる。


こんな感じで

最初は5,000円で始めた作成費用も

今では55,000円までになりました。


約10倍ですね。

そして、

最初は無理だ・・と思っていたランサーズなどでも挑戦し、

数々のWebエンジニアとのコンペで依頼を勝ち取ったこともあります。

それでも、私はまだ、初心者の域は超えていないと思っています。

Webエンジニアさんになってくると

1本20万円とか、大きな企業案件であれば100万円とかもあります。

そもそもテンプレートを使っている時点で、私は初心者です。

でも、初心者のままここまで来ることができました。

依頼募集の際は

「テンプレートを使います」

とはっきり書いています。

出来ないことは出来ないとしっかり最初にいうことで

自信をもって作業をすることが出来ます。

スポンサーリンク

初心者がweb制作で100万稼ぐために

今回は、

プログラミング未経験で、知識もスキルも全くなかった私が
どのようにしてweb制作で100万円まで稼ぐことができたのか。


実際の経験談に基づいたお話と具体的に稼ぐ方法についても

書いてきました。


正直、最初の一歩はやはり少し勉強しなければいけません。

でもそこで、「楽しい」と感じたのでここまでくることが出来ました。

ただし、私の場合は、

自分のスキルアップのために超格安で請け負っていた期間が長く

かなり遠回りをしたな・・と感じています。

もし、最初に一気にスキルを身に着けることが出来ていれば

最初からもう少し単価の高い状態から始められたと思うので

もっと早く稼ぎ始められたのではないかと思っています。。

例えば、こちらのWebデザインスクールはWeb制作会社が運営していて

6ヶ月で未経験からWEBデザイナーになることが出来ます。

Web制作会社が運営しているので専門的な知識もきちんと学ぶことが出来ますし

卒業後の転職もサポートしてもらえるのがポイントです。

在学中からWeb業界への就転職へ向けてのポートフォリオ(作品集)作りのアドバイスをしてくれるので

卒業後すぐに自分のポートフォリオが出来上がっているので、

フリーランスとして活動する際でも非常に有利です。

でももし、私と同じように育児中の方で6カ月も通えない、、

という方にはこちらの記事で紹介している

ママ専用(託児無料)のWEB製作スクールがおススメです。

たった5回、1カ月でWeb製作で稼げるようになります。

WEB製作は、案件単価が高いので、スクール代金もすぐに取り戻すことが出来ます。

私は今月は2件しか案件をこなしていませんが、10万円の収入になっているので

5件こなせばあっという間に25万円位にはなります。

知識ゼロだけどweb制作副業で稼ぎたい

これからweb制作副業を始めてみたいな

という方の参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました