pythonのfor文とwhile 文(繰り返し処理)について

python勉強

文系出身の私ですが、初めてのプログラミングにPythonを独学勉強中です。

前回の勉強内容はこちら。

本日は、pythonのfor文とwhile 文(繰り返し処理)について学んでいきます。

スポンサーリンク

pythonのfor文とwhile 文(繰り返し処理)について学ぶ

pythonの繰り返し処理には、for文とwhile 文の2種類があります。

for文とwhile 文の違いは、

for 文は「データの集まり」からデータをひとつずつ取り出す処理を繰り返すことです。

while文の書き方

while 文の構文は、
while[条件式]:
  [条件式がTureの時行う処理] 
else:
[条件式がFalseの時行う処理] 

と書きます。

例えば

i = 0 
while i < 3 : 
    print(i)  
    i = i + 1 
else : 
    print("終了") 

を実行すると

0
1
2
終了

という結果になります。

ここでiという変数が出てきますが、

このように繰り返す回数を決める変数のことを「カウンタ変数」と言います。

for文の書き方

対してfor文は「データの集まり」からデータをひとつずつ取り出す処理を繰り返すので

for 変数inデータの集まり
  [データの集まりからデータが取り出せるときに実施する処理] 
else:
  [繰り返しが終了した時に行う処理] 

と書きます。

例えば、

train=['うざき','ねこ','くま','りす']
for i in train: 
    print(i)

を実行すると

うざき
ねこ
くま
りす

という結果になります。

※このリスト形式については4日目で学習した内容です。

スポンサーリンク

pythonの繰り返し条件の設定方法

pythonでfor文やwhile 文の繰り返し条件を設定するときに、

一定の条件になったら、
強制的にループから抜けたり、最初に戻したりすることが出来る構文があります。

break 文

break 文を使うと、繰り返しブロックから強制的に抜けることができます。

例えば、先ほどのwhile 文でbreak 文を使うと
本来 5 回繰り返すループブロックの中で、
カウンタ変数が 2 になったら break 文で強制的に繰り返しを終了するという意味になります。

i = 0 
while i < 5 : 
    print(i)  
    i = i + 1 
    if i == 2 : 
        print('強制終了') 
        break

処理結果は

0
1
強制終了

となります。

for文でも同様に、
2番目の要素から順番に表示し、要素の中から’くま’が見つかった場合には処理を中断するとなるので

train=['うざき','ねこ','くま','りす']
for i in train[1:4]:
    print(i)
    if i == 'くま':
        break

このfor文の処理の場合は、

ねこ
くま

という結果になります。

continue 文

continue 文を使うと、繰り返しブロックの先頭に強制的に戻ることができます。

次のコードは、本来 5 回繰り返すループブロックの中で、

変数iが 2 になったら continue 文で強制的にループの先頭に戻るようにしたものです。

i = 0 
while i < 5 : 
    i = i + 1 
    if i == 2 : 
        continue 
    print(i) 

この場合、処理結果は以下のようになります。

1
3
4
5
スポンサーリンク

pythonの無限ループの止め方

pythonで無限ループに陥った場合には

Jupyter Notebookだと

ツールバーの[interrupt the kernel](実行の中止)ボタンをクリックして止めることが出来ます。

Python インタプリタ(黒い画面)で無限ループになってしまったら、[Ctrl]+[C] キーを押して強制終了することが出来ます。

スポンサーリンク

pythonのfor文とwhile 文(繰り返し処理)まとめ

今回は、pythonのfor文とwhile 文(繰り返し処理)について学びました。

次回の勉強内容はこちらです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました