Pythonの数値とリストついて【初めてのプログラミング】

python勉強

私は、文系出身ですがpythonというプログラミング言語の勉強をしています。

独学でもどこまで出来るようになるのか!

前回の勉強内容はこちら。

本日は、勉強4日目です。Pythonの数値とリストについて学んでいきます。

スポンサーリンク

Pythonの数値ついて理解する

Pythonの数値の型とは

Python には、数値を表現する型として、

整数型(int)と、浮動小数点型(float)があります。

整数型(int)

整数は通常10進数で表記されます。

print(100)

と入力し、実行すると

100

という値が帰ります。

10進数表記以外に、16進数、8進数、2進数でも表記できます。
16進数は「0x」で始め、数値は 0 ~ 9、a ~ f(大文字も可)で表記します。
8進数は「0o」で始め、数値は 0 ~ 7 で表記します。
2進数は「0b」で始め、数値は 0 と 1 で表記します。

print(0x10)
print(0o20)
print(0b10000)

これらの実行結果は全て16になります。

16進数と8進数と2進数について

そもそも〇〇進数がよく分からない!と躓く人(私)はまず進数を勉強します。

私たちが普段使う数字は10進数です。

10進数は 0 から 9 までの 10種類の数字を使って数を表し、
数が 0 から 1、2、3… と順に増えていくとき、7、8、9 までは 1桁ですが、
次は桁上がりして 10 になります。

同じように2進数は
0 と 1 の 2種類の数字を使って数を表し、
数が 0 から 1… と順に増えていくとき、 1桁で表せるのはここまでで、
次はやはり桁上がりして 10 になります

同様に、 16進数には 16種類の数字がありますが、
文字としての数字は 0 から 9 までの 10種類しかないので、
アルファベットの A ~ F を 「数字」 として借用します。

16進数は 0 から F までの 16種類の数字を使って数を表し、
数が 0 から 1、2、3… と順に増えていくとき、
7、8、9 の次は A、B、C と続き、 D、E、F までは 1桁ですが、
次に桁上がりして 10 になります 。

進数まとめ表
進数まとめ表

ここで本題に戻ると

print(0x10)は、”0x” 16進数の “10” ということになり、16を表す
print(0o20)は、”0o”8進数の “20” ということになり、16を表す
print(0b10000)は、”0b”2進数の “10000” ということになり、16を表す

という事になります。

浮動小数点数型(float)

浮動小数点数とは、小数点を持った数値のことです。

例えば、10.0 のというように小数点があれば、浮動小数点数型になります。

スポンサーリンク

Pythonのリストついて

リストは、複数の値をまとめたもので、
複数の変数をまとめて 1 つの変数名で利用できるようにしたデータです。
変数とは、値を入れておく箱のことです。

リストのイメージ

それぞれの変数を「要素」と呼び、要素には番号が振られています。

番号は通常0 から始まります。

例えば、上記のイラストのリストだと以下のようなコードを書きます。

train=['うざき','ねこ','くま','りす']
train

実行結果は

['うざき', 'ねこ', 'くま', 'りす']

となります。

リストの操作方法

リストには、指定の要素を切り出したり並べ変えたりする機能があります。

①要素を表示する

要素を表示するにはリスト名に角括弧を付けて番号を指定します。

train=[1]

を実行すると、リストの1の要素を取り出すので実行結果は

'ねこ'

となります。

②要素数を調べる

リストの要素数を調べるときは、 len 関数を使います。

len(train)

と実行すると4つの要素があるので

4

という実行結果が返ってきます。

③要素の変更

要素の値を変更するには、リスト名に変更する番号と、変更後の値を代入します。

train[2]='いぬ'
train

と実行すると、2番目の要素(現在はくま)を変更するので

['うざき', 'ねこ', 'いぬ', 'りす']

という結果になります。

④要素の追加・削除

リストの最後に、要素を追加するには、append 
特定の位置に要素を挿入したい場合は、insert 
要素を削除する場合は、remove

を使います。

それぞれの実行結果は以下のようになります。

train.append('いるか')
train
['うざき', 'ねこ', 'いぬ', 'りす', 'いるか']
train.insert(2,`'ぱんだ')
train
['うざき', 'ねこ', 'ぱんだ', 'いぬ', 'りす', 'いるか']
train.remove('ぱんだ')
train
['うざき', 'ねこ', 'いぬ', 'りす', 'いるか']

⑤要素を抜き出し

要素の抜き出しをするには、範囲を [ 開始位置 : 終了位置 ] のように指定します。

開始位置はインデックス番号を直接指定しますが、
終了位置は終了するインデックス番号に 1 を加えた値を指定します。

train[1:3]

この場合、抜き出した結果は

['ねこ', 'いぬ']

になります。

ここでのポイントは終了するインデックス番号に 1 を加えた値を指定することです。

スポンサーリンク

リストとタプルとセットとの違いについて

リストに似た複数の値をまとめたもので、「タプル」というものがありますが
タプルの場合は、要素を変更することができません。

タプルのコードの書き方は以下のようになります。

train='うざき','ねこ','くま','りす'
train
('うざき', 'ねこ', 'くま', 'りす')

同じくリストに似た複数の値をまとめたものに「セット」がありますが

要素を重複させることができないのと、

セットには順序がないため、順番を指定して要素を取得するということはできません。

セットの書き方は以下のようになります。

train={'うざき', 'くま', 'ねこ', 'りす'}
train
{'うざき', 'くま', 'ねこ', 'りす'}
スポンサーリンク

Pythonの数値とリストついてまとめ

今回は、Pythonの数値とリストについて学びました。

引き続き学習していきたいと思います。

次回の学習はこちら

タイトルとURLをコピーしました