Jupyter Notebook(Anaconda3)の使い方【Python独学】

python勉強

私は、文系出身ですがPythonというプログラミング言語の勉強を始めてみました!

このブログでは、私がPython勉強で学んだことを自分への備忘録も含めて

書き残しています。

私のようなプログラミング初心者でも理解できるように書いていますので

これからプログラミングを始めてみたいという方の参考になればと思います。

勉強1日目の内容はこちら。

今回は、Jupyter Notebookの使い方について学んでいきます。

Jupyter Notebookの起動の仕方が分かるようになる
Jupyter NotebookでのPythonコードの入力方法と保存方法分かるようになる
Jupyter Notebookの終了の仕方が分かるようになる
スポンサーリンク

Jupyter Notebookの使い方

Pythonの標準の黒い画面(Python インタプリタという)だとコードの保存が出来ません。

コードの保存が出来ないと、あとから修正をしたりすることが出来ないので

コード保存が出来るJupyter Notebookという機能を使ってPythonを勉強していきます。

Jupyter Notebookは前回インストールしたAnaconda3の中にパッケージとして入っていて

コードの保存機能のほかにもエクスポート、インポート機能があり、

他のパソコンで入力データを読み込んだりすることができてとても便利です。

Jupyter Notebookの起動の仕方


スタートメニューの「Anaconda3」のフォルダから「Jupyter Notebook」を選択

Jupyter Notebookの起動
Jupyter Notebookの起動



黒い画面が自動で出てきて、しばらく待つとJupyter Notebookの画面が起動されます。

※htmlをエクスプローラーで開く設定にしておく必要があります。

Jupyter NotebookでPythonコードを入力する

Jupyter Notebookの画面の右側のNEW⇒Python3をクリックすると

Pythonコード入力画面が出ます。

Pythonコード入力画面
Pythonコード入力画面



「セル」と呼ばれる入力スペースに

Pythonコード「print(‘Hello Python!’)」を入力して
[Run]ボタンを(もしくは[Shift]+[Enter]キー)クリックして実行します。

Pythonコード実行
Pythonコード実行

Jupyter Notebookで入力したPythonコードを保存する

作成したPythonコードを保存するには

ファイルメニューの Download を選択して、拡張子をPython (py) を選択します。

Pythonコードを保存する
Pythonコードを保存する

Jupyter Notebookを終了する

Jupyter Notebook を終了するには、

まず、Jupyter Notebookのブラウザを閉じます。

次に黒い画面の状態で[Ctrl]+[c]キーを何度か押すとシャットダウンします。

Jupyter Notebookの使い方まとめ

今回は、Jupyter Notebookの使い方というテーマで

Jupyter Notebookの起動の仕方
Jupyter NotebookでのPythonコードの入力方法と保存方法
Jupyter Notebookの終了の仕方


を学びました。

次の学習はこちらです。

タイトルとURLをコピーしました